iPhoneに画面修理が必要になった時に保証期間外だった場合

iPhoneに画面修理が必要になった時に保証期間外だった場合 iPhoneは精密機器ですので、ときとして故障することがあります。中でも液晶画面はデリケートなもので、落としたり、圧力をかけてしまうことで、割れることもしばしば起こります。
当然ながら、自然治癒することはありませんので、修理をする必要があります。
iPhoneの画面修理は、自分で部品を買ってきて交換するというわけにもいきません。そのため、専門の技術者による作業が必須といえます。そのようなアクシデントを補うべく、スマートフォンには保証期間が設けられています。
しかし、その期間は限られていますから、物持ちがいい人ほど、保証期間外の画面修理を強いられる可能性があるのです。
こうした場合、2つの方法が考えられます。1つは、正規の代理店に出すことです。値段は高くなりますが、まず間違いのない修理が受けられます。
もう1つは、スマートフォンの修理を格安で請け負っている業者を活用することです。
最近ではiPhoneの部品も業者間で出回るようになり、きちんとした知識を持っているのであれば、代理店でなくとも修理できる人が増えてきました。失敗しない修理業者を選ぶコツは、長年にわたる実績と信頼があるかどうかがポイントです。
たとえ保証期間外であっても、賢い業者選びでiPhoneの画面修理を行っていきましょう。

iPhone6の画面を割った!いくらで画面修理できる?

iPhone6の画面を割った!いくらで画面修理できる? iPhoneは画面が割れていたとしても使い続けられるのですが、指を怪我したり鮮明なディスプレイが無駄になってしまうので、早急に画面修理を依頼すべきです。
修理に出すためにはいくつかの方法があるのですが、最も安心できるのはAppleに画面修理を依頼することでしょう。
実は、全てのiPhoneは何らかの契約を行わなくても90日間電話サポートが付いている上に1年間の補償が約束されています。
しかし、この契約では修理の際に恩恵が得られるわけではなく、画面修理で恩恵を受けるためには2年間に延長されるプランに加入しなければなりません。
2年間に延長すると、1回あたり7800円で修理を請け負って頂けるので、Appleに依頼するのにも関わらず安く済ませられます。
現在はシムフリーでiPhoneを利用している方も多いのですが、多くの方がキャリアと契約をして利用しています。
そのため、各キャリアも独自でサポート体制を組んでおり、月額600円を支払えば1度あたりの修理代金は7500円で受け付けてもらえます。
画面修理は安さを最優先するという考えの方は、近年街中に増加している業者に持ち込むと、キャリアやAppleに頼むよりも安くなります。

iPhone修理関連のお役立ちリンク

iPhoneの画面修理や携帯買取を行う携帯ショップのサイト

横浜でiPhoneの画面修理なら